合格体験記 / ノースウェスタン大学ケロッグスクールオブマネジメント / Northwestern University Kellogg School of Management / mk

海外MBAドットコム

投稿者プロフィール

・投稿者(ペンネームorイニシャル):mk
・進学予定校:Kellogg

・カテゴリ: MBA
・地域: アメリカ
・受験校:HBS, Wharton, Columbia, Kellogg
・インタビュー実施校:Columbia, Kellogg
・合格校:Columbia, Kellogg

・性別:  女性
・出願時年齢: 26歳~30歳
・海外経験と期間: 海外赴任5年(駐在時に受験)
・費用: 私費
・奨学金: 応募・検討中(海外在住の場合受けられる奨学金はかなり少ないです・・・なんで)
・最終学歴:国内私立大学(文系)
・GPA:3.5

・受験した試験と出願スコア:GMAT:710(V 38/Q 49/IR 7/AWA 6)、TOEFL:118(R29/L29/S30/W30)
・塾(試験対策):赴任先のPrep School, Magoosh
・カウンセラー:Vince

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
インターナショナルスクール出身。邦銀で7年勤務。内5年は海外駐在。

Why MBA?

Q.なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

学生時代からいつかはMBAを取りに行きたいという漠然とした想いはありましたが、あまり具体的には考えていませんでした。

実際に目指すきっかけになったのは、アメリカ駐在での経験。アメリカ人の上司や他社のマネジメントの多くがMBAホルダーで、上司がコールドコールする際にMBAを持っていることがある程度の信頼に繋がっていることを目の当たりにしました。

今後本当にグローバルに活躍するには、この人たちと同じ土俵に登らなくてはならず、それにはMBAはnice to have よりもmust haveなのかと思い始めました。日本もこれからは会社の看板で戦う時代ではなく、欧米のように個人のcredibilityやネットワークが重要になる時代になると考えるようになりました。MBAは必ずしも必要ないかもしれないが、持っていることによってかなり近道ができ、絶好の成長機会になるのではないかと思い、本気で志望するようになりました。

あとは人生一度きりなので興味を持ったものは試してみよう!やらなかった後悔よりやった後悔と思いました。

Preparation for MBA application

<概論>

Q.MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。

2014年10月: GMAT受験
2014年12月: TOEFL受験

Round 2に出願を狙うも、仕事に追われ、一旦受験断念。
モチベーションを上げるためにCampus Visit実施。

2015年 2月:  Campus Visit #1 (HBS, Wharton, MIT, Columbia)
2015年 5月:  GMAT終了
2015年 9月:  Columbia, HBS, Wharton提出
2015年11月:  Columbia合格
2015年12月:  Campus Visit #2 (Tuck, Kellogg)
2016年 1月:  Kellogg提出
2016年 3月:  Kellogg合格

Q.大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
赴任地ではInfo SessionやAlumni Eventの開催があまりなく、情報収集に苦労しました。
おすすめはCampus Visitすることです。エッセーでのアピールやネタにもなりますし、何よりも受験のモチベーションが上がります。
またCampus Visitする際に余裕があれば住居や生活面を調べてみるのも良いかと思います。
めでたく合格した場合、実際に渡米するまでおそらくキャンパスへ行く機会はないので、きちんと情報収集しておくと後々役立ちます。(Admitted Studentのイベントへ行ける余裕のある方は別ですが・・・)

Q.MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。
約100-150万円。
あまり細かく考えたくありません。

<スコアメイク>

Q.以下のそれぞれの項目について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

・ TOEFL・IELTS(科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
英語が話せる方は、殆ど勉強しなくて大丈夫。
Speakingだけ少し特殊なので、事前にyoutube等でどういう問題が出題されているかのチェックしました。
余裕があれば、一回模試を受けるのもよいかもしれません。もう少し真面目に勉強すれば満点取れたのではとちょっと後悔しましたが、受験料が高いので再受験はしませんでした。

・ GMAT・GRE(科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
GMATのスコアメイクにすごく苦労しました。実際一番時間を費やしたと思います。
まず赴任地のPrep Schoolに通いましたが、高いお金とそれ以上に結構な時間を無駄にしてしまいました。仕事が忙しく、毎日深夜帰りだったため、だらだら勉強してしまったのもよくなかったと反省しています。
その後、Magooshに出会い、何とか700点越えました。(MagooshはオンラインPrepでナイスなアメリカ人のおじさんMikeがビデオでQuant・Verbalを基礎から解説してくれます。特にVerbal SCのGrammarはここで勉強しなおしました。)US$100〜200程度なのでコスパも抜群で、英語に抵抗がない方や英語の教育を受けてきた方にはおすすめです。
またGMATの受験回数を無駄にしないためにもGMAT Prepできちんとスコアができるようになってから実際の試験に挑んでください。

<Essay & Interview>

Q.上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください
Vinceは天才肌です。作成したエッセイをたたき台にアドミにもっとアピールすべき点や思いつかなかった視点の提案等、とても良いアドバイスを提供してくれます。Vinceのおかげでしっかりとしたエッセイが出来ました。
ただ結構気分に波があるので、朝のコマや疲れている時はテンション低めで全然アイディアが出ず建設的ではないセッションもたまにありました・・・。が、1コマの料金は変わらないので、カウンセラーマネジメントも重要かと思います。
またある程度スコアが出てないとクライアントにしてくれないので、ご注意を。

Q.エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
①国際的な経歴
②Youngestやonlyを強調
③社内スタートアップでのリーダーシップ

<学校選択>

Q.受験校はどのように選択しましたか。
最初はFinanceが強い学校を受験しましたが、Round 2では学生らしく過ごせることやリーダーシップのopportunityが多い学校を検討しました。

<その他>

Q.奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
奨学金は「日本在住」が必須条件となっている奨学金が殆どです。海外から受験を考えている方は要注意。

Advice and Messages

Q.失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
社費制度のある会社にいる私費受験は想定していた以上に不利でした。
受かりやすい学校、受かりにくい学校があるので、在校生に社費・私費の割合と私費の方の経歴を良く確認してください。
受験当初は学校へのフィットの意味があまりわからずにいましたが、受験が終わった今では各校が求めている人物像にフィットすることがいかに重要かよく理解できました。就活と同じで優秀であってもフィットしていなければ落とされます。(と言いつつ未だに当初の第一希望だった学校を落ちた理由はよくわかりませんが・・・)

Q. 一言メッセージ
MBAの受験とその後の2年間は財政的にも時間的にもとても大きなcommitmentです。受験を機に真剣に真摯に自分と向き合って、自分にとって本当に大切なものは何か、確固たる軸を見つけてください。受験だけではなく、今後の人生にとっても大きな財産になると思います。
また、多くの私費受験の方は会社のサポートがなく、長く辛くそして孤独な戦いになると思います。スコアが取れずに焦ったり、エッセイでつまずいたり、心が折れそうになることは多くあると思いますが、bigger purposeのために頑張っていること、そしてEvery cloud has a silver liningと信じて諦めずに合格を勝ち取ってください!

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ノースウェスタン大学ケロッグスクールオブマネジメント / Northwestern University Kellogg School of Management / MM

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント / Northwestern University Kellogg School of Management / コッシー

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / Emory University Goizueta Business School / Alf

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / カリフォルニア大学バークレーハース校 / University of California at Berkley Haas / MA

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / イェール大学スクール・オブ・マネジメント / Yale School of Management / Nokia

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール / Wharton School of the University of Pennsylvania / KS