合格体験記 / ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール / Cambridge Judge Business School / MN

海外MBAドットコム

投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
MN

Q. 進学予定校
University of Cambridge Judge Business School

Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (1 year)

Q. 進学予定校の地域
ヨーロッパ

Q. 受験校
University of Cambridge Judge Business School, University of Oxford Said Business School

Q. インタビュー実施校
University of Cambridge Judge Business School, University of Oxford Said Business School

Q. 合格校
University of Cambridge Judge Business School, University of Oxford Said Business School

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
26歳~30歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
幼少期に4年間米国に在住、大学生時に1年間英国に交換留学

Q. 費用
私費

Q. 奨学金
取得済み

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内私立大学(文系)

Q. GPA
3.8

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT:780(V 47, Q 51, IR 8, AWA 5.0), TOEFL:119 (R 30, L 30, S 29, W 30)

Q. 塾
AGOS (Application/Essay/Interview 作成)

Q. カウンセラー
岡田千瑞子(AGOS)

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
製薬企業4年、投資会社2年

Why MBA?

Q. なぜ、留学に行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)
現在の職場で大きなプロジェクトを1つ終えたこともあり、学生に戻ってリフレッシュすると同時に、中長期的な目標を見据えてビジネスの知識を更に深めて、グローバルな環境でリーダーシップの経験を積みたいと考えたため。

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。
・ケンブリッジ周辺にはバイオベンチャーなどのスタートアップも多いので、トレックと授業を通してイノベーションのマネージメントを学びたいと考えています。
・また、グローバルな組織でリーダーになれるよう組織論などもしっかりと学びたいと考えています。

Q. 留学後のビジョンを教えてください。 
・ヘルスケア/テック業界の事業会社におけるイノベーションををファイナンスの面からサポートし、且つそれを効果的に実施できる組織リーダーのポジションを目指しております。

Preparation for MBA Application

<概論>
留学を考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
・2018年5月 予備校(AGOS)にて、MBA留学について相談
・2018年5 – 8月 スコアメイク(6月TOEFL 8月GMAT)
・2018年8月 – 10月 エッセー等準備
・2018年9-10月 Oxford Said、Cambridge Judge出願
・2018年11-12月 Oxford Said、Cambridge Judge面談
・2018年12月Oxford Said、Cambridge Judge合格

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
・日本で開催されているInformation sessionへの参加、
・Webinarの視聴、卒業生とはSkype等を通じて情報収集しました。

Q. 受験準備にかかった費用について、教えてください。 
計75万円程度:
・予備校代、独学用の参考書代等 50万円
・Oxford Said インタビュー渡航費(シンガポール) 6万円
・各種試験受験料・出願料 15万円弱

Q. 留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。
預金+Cambridge Judgeからの奨学金
(今更ながらですが、私費の身としてはもっと早くMBAの準備を始めて他の奨学金の機会も検討すべきだったと後悔しているので、今後私費での留学を検討される方は早めのご準備をお勧めいたします。)

<スコアメイク>
Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
GMATについては、通勤中の勉強に利用していたManhattan Prep GMATアプリが非常に役に立ちました。おすすめです。

<Essay & interview>
Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください
エッセーの作成においては自分の志望理由の明確化と過去の経験を棚卸することが必要とされるため、日本語でこの作業ができるよう日本人のカウンセラーを選びました。Admission Office視点でのコメントを頂け非常に役に立ちました。

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
カウンセラーとの対話を通して、エッセイの骨子/文言についてAdmission Office視点でのコメントを細かく頂きながらエッセイをbrush-upしていきました。自分が強調するべきと考えている点と実際にAdmission Officeに強調するべき点が異なることも多々あったので、書き直しに非常に苦労しました。

もう一方で、エッセイで苦労した分、自分がAdmissionに伝えるべき点が明確化されたので、インタビューの準備は比較的に楽になったと感じています。

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
推薦状は、前職の上司と現職の上司を選びました。二人とも非常に協力的&英語が堪能だったので問題はなかったです。

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
・経営企画、財務などのファイナンス系の業務だけでなく、人事としてリストラプロジェクトにも参画してきたことから得た多様な経験を具体的に伝えました。そういった経験を持った私が他の学生の学びにどう貢献できると思うかを伝えました。

<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。
UndergraduateとしてOxfordに交換留学していたことに加え、上司がOxford Said出身であったこともあり、MBAはOxfordかCambridgeの英国がいいという考えがまずありました。

また、私費であること、学生の平均年齢(私と近い方がいいと考えていた)、また自分は今までの海外経験がそれなりにあることから、1年制>2年制

加えて、せっかく社会人生活から離れる1年間はMBA生以外の、フレッシュな視点を持った学生にも会いたいという思いから、総合大学の一部であるCamrbidge JudgeとOxford Saidを志望しました。

Q. 進学校の決め手は何でしたか。 
プロジェクトベースのコース:実践形式の多いコース形式には惹かれた
起業文化の根付く街:Bio-techなど多くのventureが育っている環境には惹かれた&奨学金

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
・正直インタビューについては、準備不足が目立ちました。例えば先輩や早めのRoundで合格した人からもっと事前に情報収集していれば、よりパファーマンスを出せたと思います。
・また、もっと早くMBA留学については真剣に考え始めるべきだったと思います。結果的には、志望校に合格しましたが、準備期間が短かったのでPlan Bなどの備えがなかったので。

Q. 一言メッセージ
先ず行動し、MBA留学に向けて準備すること、それだけでも価値のあることだと思います。
私がMBAへの準備を始めたころは、正直、本当にMBAに行くべきかの迷いがありました。しかし、先輩との交流やエッセー・インタビュー準備の中でMBAに行きたいという思いが確信となりました。もう一方で、MBAが進むべき道でないという結論に至ったとしても、それはそれで今後のキャリア形成を考える上で重要な学びとなったであろうと思います。
よって、迷っていてもいいので、まずご準備を進めることをお勧めします!頑張ってください!

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / シカゴ大学ブーススクールオブビジネス / University of Chicago Booth School of Business / HI

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール / Cambridge Judge Business School / Mino85

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / シカゴ大学ブーススクールオブビジネス / University of Chicago Booth School of Business / YT

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / コロンビアビジネススクール / Columbia Business School / HN

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ペンシルバニア大学ウォートン校 / Wharton School of the University of Pennsylvania / Y

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記/ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール/Cambridge Judge Business School/JH