合格体験記 / INSEAD / Taka

海外MBAドットコム

投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
Taka

Q. 進学予定校
INSEAD

Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (1 year)

Q. 進学予定校の地域
ヨーロッパ

Q. 受験校
INSEAD, IMD, IESE, IE, HEC, Cambridge, ESADE

Q. インタビュー実施校
INSEAD, IESE (WL), IE, HEC, ESADE

Q. 合格校
INSEAD, IE, HEC, ESADE

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
31歳〜35歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
旅行程度

Q. 費用
私費

Q. 奨学金
応募・検討中

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内私立文系

Q. GPA
2.9

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT 680 (V34 / Q49 / IR3 / AWA5.0) 、 IELTS 7.5 (R8.5 / L7.5 / S6.5 / W7.0)

Q. 塾
濱口塾、Affnity、BEO

Q. カウンセラー
Reve Counseling

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。

外資系消費財メーカー(営業企画・ブランドマーケ)4.5年、ネットベンチャー(メディアコンサル)1年、外資系自動車金融/メーカー(マーケ・カスタマーリテンション・ビジネスアナリティクス)4.5年を経験。同時に、プライベートでNPO起業(海外)やNPOボランティアマネージャーを行い、日本のソーシャルセクターに根本的な課題意識を持つようになりました。

Why MBA?

Q. なぜ、留学に行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

2012年(社会人3年目)に初めて海外案件を担当し、圧倒的な無力感から海外MBAにチャレンジしたいと思うようになりました。その後、2013年にINSEAD Entrepreneurship Bootcampに参加し、多様な国籍・キャリアの方々(ほぼAlumni)との議論を通して、クロスカルチャーの楽しさやINSEADのレベルの高さを知り、志望が高まるとともに、英語力・キャリア・国際経験の圧倒的な不足を感じ、一旦MBA留学を見送りました。その後、継続して勉強を続けていましたが、結婚し、妻や上司の後押しもあり、2018年1月に留学準備を再開しました。

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。

留学の目的は、キャリアチェンジです。今までマーケ中心のキャリアでしたが、2011年以降に経験した複数のNPOでの成功・失敗体験から、より国際的(アジア中心)で/社会的影響の大きく/後世に残る仕事がしたいと強く思うようになりました。そのために、シンガポールでGeneral ManagementとSocial Impactについて勉強し、NPO向けのビジネス支援事業について広く深く検討したいと思っています。

Q. 留学後のビジョンを教えてください。 

グローバルファームで戦略コンサルティングをしながらNPO向けのビジネスコンサルティングを行い、ゆくゆくは次世代の子供達が過ごす世の中をより良いものにできるよう、グローバルスケールでインパクトを与えられる事業を日本・アジアで興す予定です。

Preparation for MBA Application

<概論>
留学を考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。

2018年1月
IELTS 7.5を取得(出願スコア)。MBA受験を開始。
2018年2月
Reve Consultingでカウンセリング開始。フルブライト奨学金と米国スクールの受験も検討し始める。
2018年4月
濱口塾でオンライン学習を継続。GMAT Prep 730点取得。
2018年5月
フルブライト奨学金1次出願。
2018年6月
AffinityにてRC A/Bクラスを受講。GMAT初回680点を取得(出願スコア)。
700点超を目指し受験継続。フルブライト2次出願準備に追われる。
2018年7月
フルブライト奨学金1次合格/2次書類提出。
2018年8月
EssayとGMAT漬けの日々。INSEADのAlumに失望。GMAT更新できず。
2018年9月
伊藤財団奨学金に出願。GMAT更新できず。
2018年10月
IESE R1/Cambrdge R1出願。
欧州5校(LBS, Oxford, Cambridge, IMD, INSEAD)キャンパスビジット強行。1年制なら1月入学のスケジュールがベスト、カルチャーの有無も肌で感じた。
キャンパスでの在校生との触れ合いが最高に楽しかったため、INSEAD熱が再燃。
フルブライト奨学金2次合格。フルブライト最終面接@赤坂。GMAT更新できず。
2018年11月
IESE書類通過/面接/Assessment Day参加@Singapore。
伊藤財団書類不合格。Cambridge書類不合格。GMAT更新できず。
2018年12月
IESE WL。フルブライト不合格通知。心が壊れる。ハワイに逃亡。
2019年1月
出願戦略を立て直し、1から欧州スクールの学校調査を開始。WL対策でGREを受験。
INSEAD, IMDに加えて、IE, HEC, ESADEの受験を決意。
2019年2月
IMD出願。ESADE出願。HEC出願。ESADE書類通過。面接は3月にリスケ。
IMDのAlumに失望するも、別のAlumに励まされる。GRE更新できず。
2019年3月
IE出願。IE videoインタビュー実施。IEの東京イベントで在校生と触れ合い、志望度が一気に上がる。
IMD書類不合格。ESADE面接。ESADE合格。GRE更新できず。
2019年4月
HEC面接x2。HEC合格。IE面接。IE合格(30%奨学金付き)。INSEAD R2(20D)出願。
2019年5月
IE進学を検討。神山財団奨学金へ応募。INSEAD書類合格。INSEAD面接x2。
2019年6月
神山財団不合格。INSEAD合格。【受験終了】 

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)

合格体験記、学校ウェブサイト、Info Session、Campus Visit

Q. 受験準備にかかった費用について、教えてください。 

合計は320万円。最初から欧州1年制に絞れていれば200万円以下(Essay -70万円/GMAT -50万円)で済んだかもしれません。

IELTS試験 ¥25,380
GMAT勉強 ¥820,100
GMAT試験 ¥128,282
Counselor ¥1,753,622
Campus Visit ¥196,750
GRE試験 ¥50,242
出願料 ¥200,869

Q. 留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。

受験費用:自己資金。
授業料:親への借金、ローン。
生活費:自己資金。

<スコアメイク>
Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

受験開始前ですが、beoというIELTS専門の学校に通っていました。暇な時間はいつもBBCやCNNを1.5倍速で聞いて、シャドウイングする形で独り言を言っていました。リーディングは毎日速読チャレンジをし、Words Per Minuteを記録していました。ライティングは週2日各2本書くようにし、Speakingはネタ帳を作り、独り言で毎日練習していました。

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

初回の点数が自己ベストだったので、あまりいいアドバイスはできないかもしれませんが、自分が工夫した点は以下のブログにまとめていますので、ご覧ください。

<Essay & interview>
Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください

日本人カウンセラーのモトさんと元Harvard Admissions OfficerのCeciliaの2名による手厚いサポート。Reve Communityの横と縦のつながりの強さ。私はとても好きでした。お2人の支えがなかったら、辛い受験生活を乗り越えられなかったと思います。

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

INSEADは最高の完成度でチャレンジしたかったので、あえて最後の出願にしました。
しかし、エッセーを書き始めたのは、出願の4ヶ月前の2018年12月で最も時間をかけて作りこみました。

INSEADは問題数が多く、一つ一つの設問で聞かれる内容の密度が濃いため、ネタの多さだけでなく、構成やストーリー作りの上手さにも差が出ると感じました。

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

INSEAD Alumの上司と、海外進学推進派のNPO代表にお願いをしたので、とてもスムーズにご支援いただきました。

Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

伝え方と伝える内容を整理し、戦略的に自分を売り込むことが必要です。インタビューはセールスピッチだ、というMatthewの教えをしっかり聞き、繰り返し練習を行い、場数をこなすことで、最後には自信を持って対応することができました。

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。

INSEADは4つのAdmissions Criteriaを公表しているので、そちらに沿ってアピールポイントを整理しました。
https://www.insead.edu/master-programmes/mba/admissions

Academic Capacity:
INSEAD BootcampやHarvard Business School Online修了、大学時代の論文作成など
Ability to Contribute:
キャリアのユニークさ。マーケ分野の経験・実績の豊かさ(「最年少OO」「史上初OO」を訴求)
International Motivation:
NPO起業(海外)や現職での国際プロジェクトをストーリー立てて伝える
Leadership Potential:
全ての活動から一過して「Collaborative Leader」をテーマに一貫したキャラクターで伝える

<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。

私費のため、金銭的なROIの観点で1年制スクール(多くは欧州)にフォーカス。(途中でフルブライトなどの1千万級の奨学金を知り2年制USスクールも視野に入れましたがその後、元の1年制の欧州スクールメインに絞りました!)
1年制スクールの中から、多様性/アジアキャンパス/ソーシャルアントレプログラム/カルチャーフィット、を軸に優先順位を設定いたしました。 

Q. 進学校の決め手は何でしたか。 

多様性/アジアキャンパス/カルチャーフィット

<その他>
Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)

2018年10月に欧州5校(LBS, Oxford, Cambridge, IMD, INSEAD)キャンパスビジット強行しました。INSEADはキャンパスでの在校生との触れ合いが最高に楽しかったため、INSEAD熱が再燃しました。逆に、合わなそう…と感じるスクールも複数ありました。私費・30代・純ジャパとしては「点数と年齢はギリギリだけど、ユニークさ/フィット/熱意が◎」を目指したので、学校選定とストーリー作りの点で大きな意味がありました。

Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。

フルブライト奨学金、伊藤財団奨学金、神山財団奨学金に応募しました。IELTS/GMATのスコアが揃ってからの奨学金出願をお勧めします。特にフルブライトと伊藤財団はかなり大変でした。(通常のスクールへの応募以上に)

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください

学校が求める要件を定量的(スコア等)/定性的(カルチャや雰囲気)を多く満たしているかが想像以上にずっと大事で、自分に合ったスクールを掴むまでに多くの時間を使ってしまいました。
あと、ブログは赤裸々に書きすぎると学校の目に留まり、受験中に自らの首を締めることがあります。尚、この点について私は一切後悔していません。(良いネタになったから)

Q. 一言メッセージ

受験はかなりタフで時間のかかるプロセスですが、ぜひ最後まで後悔のないよう、頑張ってやりきってください!
私の妻が書いているブログに詳しく受験時の内容がまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。
http://www.jetmarketing.jp/

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / INSEAD / Wario

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / シカゴ大学ブーススクールオブビジネス / University of Chicago Booth School of Business / HI

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ロンドンビジネススクール / London Business School / HW

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / IEビジネススクール / IE Business School / じぇるみこ

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / MITスローン / MIT Sloan School of Management / YF

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ミシガン大学ロススクールオブビジネス / University of Michigan Ross School of Business / SY