合格体験記 / カリフォルニアバークレーハース校 / University of California at Berkley Haas / RU

海外MBAドットコム

投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
RU
 
Q. 進学予定校
UC Berkeley – Haas School of Business
 
Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (2 year)
 
Q. 進学予定校の地域
アメリカ
 
Q. 受験校
Haas, Columbia, Stanford, HBS
 
Q. インタビュー実施校
Haas, Columbia
 
Q. 合格校
Haas, Columbia
 
Q. 性別
男性
 
Q. 出願時年齢
26歳~30歳
 
Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
幼少期に5年間イギリスに在住
 
Q. 費用
私費
 
Q. 奨学金
未取得
 
Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内・私立・大学・文系
 
Q. GPA
3.4
 
Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT: 720 (V38 / Q50 / IR 8 / AWA 5.5) / TOEFL: 113 (R29 / L30 / S26 / W28)
 
Q. 塾
江戸義塾、L-ink
 
Q. カウンセラー
エドさん (江戸義塾)、木下さん (L-ink)

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
外資系証券会社人事部で6年間勤務。(採用、人材育成チームを経て、業務改革プロジェクトリーダーを務める)

Why MBA?

Q. なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)
きっかけは、入社1年目に行ったアメリカで、たまたまMBAのクラスを見学した時に、年齢・人種・経歴がまったく違う人たちが熱く議論しているのを目にし、自分もこういうところで勉強したいと思ったから。
その後、組織変革プロジェクトをやっていましたが、組織を変えるためには人事以外の経営知識について知っていなければならないと思うようになり、MBA受験しました。
 
Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。
組織変革やDiversity & Inclusion推進のセオリーを学びつつ、変革を起こせるようなChange Leadershipを身につけること。
 
Q. 留学後のビジョンを教えてください。 

長期的:多様性理解を推進し、一人一人がお互いの違いを尊重し、自分のありたいように生きることのできる社会作りに貢献する。
短期的:戦略コンサルティング会社で組織改革・開発のプロジェクトに従事する。

Preparation for MBA application

<概論>
Q. MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
たまたま行ったアメリカでMBAの授業見学をして、MBAおもしろそうだなと思ったのが応募から5年前。
その後MBAを頭の片隅にいれつつも、まずは目の前のことをと、仕事とNPO活動に励む。その後本格的に勉強を始めたのが、応募の2年前です。
2014年夏〜冬(受験2年前):GMAT勉強開始、キャンパスビジット
2015年2月:GMAT1回目(700)
2015年4月:GMAT2回目(720), カウンセリング開始
2015年夏:フルブライト応募するも不合格
2015年サイクルで応募を検討するも、仕事に忙殺され1年遅らせることに。

2016年5月カウンセリング・エッセー対策再開
1stでHaas (合格), Columbia (合格), HBS (不合格)
2ndでStanford (不合格)
 
Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
– カウンセラーの壮行会、Info Sessionでの情報収集と、そこで知り合った卒業生とその後直接ランチにお誘いし、話をきく
– Campus / Class Visit
– カウンセラーからの情報
– TOEFL / GMAT 勉強方法については、インターネットでおすすめ参考書の情報をみつけて自己流でやっていました。
 
Q. MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。 
– カウンセラー – 90万円 (注・2年感分、2人分です)
– GMAT / TOEFL – 25万円
– 参考書代 – 10万円
– Class Visitの旅費
 
Q. MBA留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。
半分くらいを貯金と退職金、残りを親、妻からの借金
 
<スコアメイク>
Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
英語は問題がなかったため、TOEFLは模擬試験を解いて試験時間の長さに慣れるようにしました。
 
Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
カウンセラーにお金を使いたかったのでGMATは自己流でやりました。(結局半年くらいかかりました)
Manhattan GMAT [MGMAT] (Verbal系), マスアカ (Quants系)で解き方のノウハウを覚え、OGを解いて実践する。ある程度解き方がわかってきたら、Manhattan GMATとOGの模擬試験で実力を確かめ、足りないところ、落とし穴を重点的に強化するというやり方で勉強しました。
模擬試験は普段はMGMAT使って、試験前はOGの使ってました。

ある程度の解き方がわかれば、あとは繰り返し問題解いてパターンを覚えることしかないと思うので、結果的に私はこのやり方でよかったかなと思っています。(予備校に通った方が、もう少しノウハウを知ることを効率的にできたかもしれませんが。。。)
MGMAT,マスアカは特にオススメの教材です。MGMATのVerbal系はとてもわかりやすくノウハウがまとまっていて、かつムズメの模擬試験が6回付いてくるので、練習になりました。
 
<Essay & interview>
Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください
知り合いの合格者、および卒業生の紹介。事前に話を聞いていて、また直接二人にお会いしたとき、この人たちを信じようと思ったので、あまり多くはあたりませんでした。
 
Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
どのレベルまで持っていけばよいのか、という闇の中でもがくことが苦しかったです。
エッセイを書いては消しの繰り返しで、果たして私はどこか受かることができるのかという不安と戦っていました。
結果的に良かったのは、妻や友人に見せたときにもらった、フィードバックでした。まっさらな目で見たときにもらうフィードバックが自分の伝えたいことをどのように表現すれば伝わりやすくなるのかということを考える材料になりました。
 
Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
退職・私費なので、正直に直属の上司留学を打ち明け、書いてもらうか迷っていました。悩んだ結果、MBAに対する想いを上司に率直に話したら、結局応援してくれ、とても心のこもった推薦状を書いてくれました。真っ向勝負が自分にとっては良かったと思っています。
 
Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
エピソードをいくつも用意し、友人などに度々話し、その反応をみて内容の取捨選択や具体的な描写の仕方を変えました。
 
Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
人事所属のDiversity & Inclusionに関心がある受験生は少ないだろうと思ったので、ここに内容を絞ってアピールしました。
 
<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。
トップ10のうち、7校を自分の足で見て回って、強みを入れているところ、授業や学校の雰囲気をみて、ここで自分のやりたいことが勉強できるか、またここで勉強したいかということを基準に決めました。
 
Q. 進学校の決め手は何でしたか。 
– もう一つの学校より、規模が小さく、かつ学生主体での活動が多く、嫌でも他の学生と交わることになるので、自分の対人スキルやリーダーシップを伸ばしていくことができるのではと思った。
– Diversity & Inclusionに対する理解、取り組みが進んでいると思った。
– 家族向けの住宅施設が充実していて、妻と一緒にここで生活したいと思った。
 
<その他>
Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)
ここはあまり行きたくないな。。。というところが見えて、優先順位がはっきりしました。
 
Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
受験1年目にフルブライトに応募しました。(結果不合格)、こちらはカウンセラーからのフィードバックを頼りにしましたが、内容の詰めが甘かったと思います。

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
結果には満足しています。
GMAT、TOEFLを早く終わらせることで、エッセーや推薦状に集中することができて、だいぶ気持ち的に楽になったので、まずは点数をある程度出すことをおすすめします!
 
Q. 一言メッセージ
ここのページを見てもわかると思いますが、みんなに当てはまる正解の受験方法はないのだと思います。「本当に自分はどこかに受かることができるのか」という不安と常に戦うこととなると思いますが、「できっこないをやらなくちゃ」の精神で自分を信じ、自分なりのやり方で、一歩一歩取り組んでいっていただけると良いかと思います。

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / シカゴ大学ブーススクールオブビジネス / University of Chicago Booth School of Business / ざきやま

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / インシアード / INSEAD / UH

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / シカゴ大学ブーススクールオブビジネス / University of Chicago Booth School of Business / R.T

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ダートマス大学タックスクールオブビジネス / Dartmouth College Tuck School of Business / HU

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / カリフォルニア大学バークレーハース校 / University of California at Berkley Haas / Pooh

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール / Cambridge Judge Business School / TH