合格体験記 / ハーバード・ビジネス・スクール / Harvard Business School / S

海外MBAドットコム

投稿者(イニシャル):S
進学予定校:HBS

・ カテゴリ: 【MBA/その他海外大学】
・ 地域: 【アメリカ/ヨーロッパ/アジア/その他】
・ 受験校:HBS, Stanford, Wharton, LBS
・ 合格校:HBS, Wharton, LBS

・ 性別:  【男】
・ 出願時年齢: 【26歳~30歳】
・ 海外経験の有無: 【3年~5年未満】
・ 費用: 【社費】

・ 受験した試験: 【GMAT/TOEFL】
・ 塾・カウンセラー:【AGOS/江戸義塾/濱口塾/YES】
・ 奨学金: 【未取得】
・ 留学の目的: 【スキルアップ/海外経験/ネットワークづくり】

Introduction
Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
小学生の頃米国に3.5年在住。転勤族の為、20歳迄に6回の引越を経験。慶應大学法学部卒業後、総合商社のIT・電子材料系の営業部門に入社・配属され、国内外の投資管理・新規投資案件実行、及び家電製品・電子材料の輸入・輸出商内を担当。

Why MBA?
Q.なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)
日本の経済が低迷し先行き不透明感が強まる中、取引先である大手家電メーカーが凋落する現状を目の当たりにし、自分の世代で新たな市場やビジネスモデルを創造し構築しなければ将来は暗いと感じた。「新たな価値」を生み出す為には、担当する商売の連続性の中ではなく、全く関係のない「非連続性」から生まれると考え、ゼロからビジネスを作ることのできる人材となりたいと考え、MBAで今一度世界の一流人材が集まる環境の中でビジネスの基礎を徹底的に学びなおしたいと感じた。

Q.留学の目的や活動予定について教えてください。
留学の目的は、①ビジネスのスキルセット(ハード・ソフト)を学びとること、②米国のテクノロジーについて調査を進めること、③世界中の留学生・学生と2年間をかけて幅広いネットワークを構築したいと考えた。

Q.留学後のビジョンを教えてください。
留学後はテクノロジー、デザイン等で米国の先端のビジネスモデルを日本に取り込むとと共に、日本を客観的にとらえた上で、世界に通用する日本のビジネスモデルを構築していきたい。

Preparation for MBA application
Q.MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
2012年から準備を開始したが、現業が週末を含めて拘束される状態で、何度かGMATを受けるも、全く歯が立たず、やむなくVerbal向けは単語練習やMathは高校のチャート式の教科書を読み直すなど全てやり直し。漸く2014年1月にGMATを5回目で710点を確保。4月に社費試験を通過し、TOEFLは5月に111点確保し、Round 1 受験を決定。

Q.大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
OB訪問、Info Session への参加、Campus Visitいずれも行った。更にGMAT Clubなど米国のMBA受験サイトなどから適宜情報収集を行った。

Q.キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。 (ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)
社費選考通過後の2014年5月のGW直前にまとめて米国10校をMBAに関心のあった4名で訪問。

Q.志望校はどのように選択しましたか。
業界の評判、卒業生の進路、授業の質、学生の質、日本におけるプレゼンスなどを参考にした。

Q.スクール、カウンセラーなどはどのようにして活用しましたか。(可能であれば具体名も)
GMATは濱口塾とYESを受講、加えてGMAT Club経由でオンラインGMATコースを受講。CounselorはEdとVinceを併用。

Q.以下のそれぞれの項目について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・ TOEFL・IELTS(スコア(R/L/S/W)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
TOEFL 111 (R30, L25, S28, W28): なぜかLが苦しみました。10回以上、受験しました。
・ GMAT・GRE(スコア(V/M/IR/AWA)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
GMAT 710 (V 38, M 49, IR 6, AWA 5) :最も苦労しました。最初に500点台も出してしまったので、やはり最初の30分が肝だと思います。
・ エッセー
5月から考え始めました。
・ 推薦状
上司2名に依頼しました。
・ インタビュー
カウンセラー、卒業生に加えて、安いオンラインの家庭教師(スキマトーク)を活用しました。

Q.MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。
合計150万円くらいだと思います。(塾50万円、カウンセラー100万円)

Q.自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
総合商社の中では比較的テクノロジーに近い部門だったため、ひたすらNon-Traditionalなバックグラウンドで日本の技術の先進性を紹介できるというメリットと併せてPRしました。

Preparation for MBA
Q.進学校の決め手は何でしたか。
総合的にHBSの卒業生の活躍が抜きんでていると感じ、合格次第、確定しました。

Q.MBA留学にあたって、必要費用はどのようにして調達しましたか。
社費の為、(結果として)100%サポートとなりました。

Advice and Messages
Q.失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
とにかく正確な情報を探すことと、自分にあった勉強法を見つけることが重要だと感じました。

Q. 一言メッセージ
続ける他ないと思います。続ければ、GMAT500点台前半からスタートしても受かります!

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ハーバード・ビジネス・スクール / Harvard Business School / S

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ハーバードビジネススクール / Harvard Business School / HK

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / UCLAアンダーソンスクールオブマネジメント / UCLA Anderson School of Management / KN

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント / Northwestern University Kellogg School of Management / TM

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ハーバードビジネススクール / Harvard Business School / AF

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / ハーバードビジネススクール / Harvard Business School /Jzookes