合格体験記/カーネギーメロン大学 テッパースクールオブビジネス/CMU Tepper School of Business/A. K.

海外MBAドットコム

投稿者プロフィール

A. K.(男性)
31〜35歳(出願時期)
CMU Tepper School of Business(アメリカ)/ FullーTime MBA(進学予定校/プログラム)


Q. 海外経験と期間を教えてください 

幼少期に4年半マレーシア在住(日本人学校)

Q. 受験校および出願ラウンドを教えてください

2024 Round 2: Tepper, Ross, Fuqua, IE

Q. インタビュー実施校を教えてください

Tepper, IE

Q. 受験結果を教えてください

合格:Tepper, IE 不合格:Ross, Fuqua

Q.  進学予定先の費用工面を教えてください

社費

Q. 進学にあたり、奨学金を活用されますか

未取得

Q. 最終学歴 を教えてください(国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)

国内 国立 大学院 理系

Q. GPAを教えてください

3.54

Q. 受験した試験と出願スコアを教えてください
(GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))

IELTS:7.5 (R 8.0/L 7.5/W 6.5/S7.0)/EA: 156 (IR 11/V 11/Q 14)

Q. 受験するにあたり使用していた塾を教えてください

G-Prep, Affinity

Q. 受験するにあたり使用していたカウンセラーを教えてください

ELITE ESSAYS


Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて教えてください

大手電機メーカーに研究開発職として入社し、その後HRへ異動。

Q. なぜ、留学に行こうと思ったのですか。そのきっかけや理由を教えてください

世界のエリートが集まる環境に身を置く中で、自分がどれくらい通用するのか、チャレンジしてみたいと思ったから。

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください

定量的アプローチに基づく経営に関する知見を習得する。

Q. 留学後のビジョンを教えてください

現職に戻り、収益の柱となるようなグローバルビジネスをリードしたい。


Preparation for Application

Q. 留学を考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか

2022年4月  MBA受験を決断、IELTS勉強開始
2023年4月  IELTS7.0を取得、GMAT勉強開始
2023年5月  カウンセラー契約、ベースEssay執筆開始
2023年7月  ベースEssay執筆完
2023年11月 GMATのスコアが上がらずEA受験、OA156(出願スコア)
       出願校向けのカスタマイズEssay執筆開始
2023年12月 IETLS7.5を取得(出願スコア)
       出願校向けのカスタマイズEssay執筆完
2023年1月  Tepper, Ross, Fuquaに出願
2023年2月  IEに出願、Tepperインタビュー実施
2023年3月  IEインタビュー実施

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか
(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)

MBA卒業生、カウンセラー、Info sessionなどより収集

Q. 受験準備にかかった費用について、教えてください

200万円程度

Q. 留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しました(もしくは、調達予定)ですか

受験費用:自費 進学後の必要費用:社費

Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください
(科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

■R:
IELTS公式問題集をひたすら解く。
1年間くらい成績が伸び悩んだが、復習時に1問1時間程度かけて精読することを習慣づけると、7.5程度で安定するようになった。

■L:
IELTS公式問題集をひたすら解く。
スクリプトのシャドーイングを真面目にするようになってから、6.0/6.5→7.5/8.0へとブレイクスルーが起きた。

※RとLはGMAT勉強をすると自然に点数が安定します。

■S:
約1年半6.0からスコアが伸びず、インプット中心(表現の暗記)からアウトプット中心(毎日25分オンライン英会話)に勉強法を変更し、2.5カ月程度経過した時点で7.0に改善。

■W:
あまり力を入れて勉強しなかったが、IELTSanswersというサービスを使って添削してもらい解答の型を学んでから、6.0~7.0程度で安定する。

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください
(科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

23年5月~G-Prepの講座でGMATの基本的な解法を学び、
23年9月にRCのみAffinityの講座を受講。
最後までVの勉強方法を掴むことができず、最終的にEAに移行。

G-Prepの中山先生の個人レッスンは、自らの弱点や思考のくせを知ることができ、おすすめ。
AffinityのRC講座は、受講してからRCへの苦手意識がなくなるほどよかった。

約半年間GMATの勉強にかけたが、少し時間が足りなかった印象。
ベースとなる英語力や国語力に不安がある人はIELTS/TOEFLに固執しすぎず早めに対策着手されることをお勧めします。

Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください

■理由
Kaoriさんに日本語でベースEssayを含めた方向付け→Bryanさんにて英語でカスタマイズといったプロセスが基本で、当初英語に不安のあった自分には効率的・効果的に思ったため。
■感想
上手くいかない/ポイントとなる時期に適切なアドバイスで正しい方向に導いていただいたように思う。
・IELTS OA7.0でいったん満足していた時、S6.0では不十分とアドバイスいただき、IELTS勉強を継続し、結果OA7.5 (S7.0) での出願に繋げられた。
・GMATの勉強が思うようにいかない中、EAを受けてみたらどうかとアドバイスいただき、そこまで乗り気でなかったEAの結果が結局Tepper合格の肝となった。
・欧州校しか考えていなかった自分に、米国校の受験を考えるようアドバイスをいただき、受験に当たってのポートフォリオを効果的に組むことができた。

Q. エッセイについて、準備方法や苦労した点、工夫した点などを教えてください

23年5月~7月 ベースとなるリーダシップエッセイなどを作成
23年11月~12月 各受験校用にベースエッセイをカスタマイズ

これまで転職経験もない中で、自らのキャリアや人生の棚卸が必要となるため、
苦労もしたが、カウンセラーに上手く導いてもらえたと思う。

Q. 推薦状について、準備方法や苦労した点、工夫した点などを教えてください

推薦者と密にコミュニケーションを取り、スケジュールを明確に伝えました。
早めに打診することをお勧めします。

Q. インタビューについて、準備方法や苦労した点、工夫した点などを教えてください

スピーキングに自信がなかったため、24年1月に各校出願が完了次第、対策着手。
頻出質問をまとめ、DMM英会話で毎日練習し、スムーズに回答できるまで練習。
Tepperのインタビューが決まってからはBryanと面接の作法やジェスチャーや表情を含めた表現方法、解答方法を学び、Nishとベース質問への端的な解答方法を学ぶ。
IEのインタビューが決まってからは上記に加えてMatthewよりIE特有の質問への回答方法を学ぶ。

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか

インクルーシブなリーダシップやアントレプレナーシップ、テクノロジーに対する強みなど


School Choice

Q. 受験校はどのように選択しましたか

アゴス夏祭りへの出席などにより受験校の情報を収集し、自分のスコアなどを鑑みながらカウンセラーと相談し、最終決定

Q. 進学予定先を選んだ理由は何ですか

・定量的なアプローチ、テクノロジーへの強みなど、自らのバックグラウンドへの親和性が強い
・将来グローバルビジネスをリードするため、MBA留学で2年間どっぷりとアメリカのダイナミズムにつかって学びたい

Q. キャンパスビジットを行ったことがある場合、実施時期や内容について教えてください

なし


Scholarship

Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください

応募なし


Advice and Message

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。

・アドミッションはアプリケーション全体を見るとは言いますが、とはいえスコアによって受験校のレンジがある程度決まることは事実なので、できるだけ早くGMAT/GREに着手されることをお勧めします。GMAT/GRE対策をしっかりすることで、IELTS/TOEFLのスコアも自然と安定します。
・テスト対策で忙しいかとは思いますが、学校研究は隙間時間を見つけてしっかりした方がよいです。エッセイ執筆やインタビュー対策時に苦労します。

Q. 一言メッセージをどうぞ!

受験を決断した際に、「MBAはあきらめる事さえしなければ必ず合格できる。」とMBA卒業生からアドバイスいただいた。いわゆる純ドメバックグラウンドの私は約1年間IELTSのスコアが伸びなかったり、GMATで上手くいかなかったり、またプライベートや業務で勉強時間がなかなか確保できなかったりと、途中何度も無理なのではないかと思いましたが、アドバイス通りあきらめる事だけはしなかったことで、何とか合格にこぎつけました。ぜひ粘り強く頑張ってください。

Related posts

  1. 海外MBAドットコム

    合格体験記/ハルト・インターナショナル・ビジネススクール/Hult International Business School/zaza

  2. 海外MBAドットコム

    合格体験記/オーデンシアビジネススクール/Audencia Business School/Miho

  3. 海外MBAドットコム

    合格体験記/オックスフォード大学サイードビジネススクール/University of Oxford Said Business School/KI

  4. 海外MBAドットコム

    合格体験記 / カーネギーメロン大学 テッパースクールオブビジネス / CMU Tepper School of Business / KN

  5. 海外MBAドットコム

    合格体験記/シドニー工科大学/University of Technology Sydney/osm

  6. 海外MBAドットコム

    合格体験記/IEビジネススクール/IE Business School/KK